読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペコの吐き出し口

全てはディスティーノなんだ 。病中にプロレスに出会って人生明るくなった主婦のブログ。気持ちの吐き溜め。

もやもやもやもや

久しぶりの更新。

退院後、少しずつ仕事をやり初めて

いい感じに今までの日常が戻ってきたぞ。

 

なかなかじっくりブログを書けなかったんだけど

どーしても吐き出したいことが・・・。

たまりにたまった心のモヤモヤだ。

 

入院中に意識朦朧としながらも

夢中になっていたG1。

私は毎日、試合を見るために痛みに耐えてきた。

 

どの試合も、

すごくわくわくしたし、興奮した。

応援していた内藤選手は

Bブロックで負けてしまったけど

それでも素晴らしいものを見たという満足感があった。

 

G1終了後のdestructionシリーズ、、、

ずーっとモヤモヤしている。

入院中、このシリーズじゃなくて良かった。笑

 

やはりなんといっても

KUSHIDA vs BUSHI・・・

 

S-Jcupが終了してからずっとモヤモヤしてた。

 

クッシーが優勝したその後に

舞台袖でBUSHIがクッシーに

「俺を挑戦者に指名しろ」と言ったらしい。

 

この時点で私の頭には

「?」がたくさん浮かんだ。

 

正直、jcupのBUSHIの初戦敗退には

とてもガッカリした。

挑戦者Xとして出てきて、

期待値が凄まじかった中、あっさり負けた。

試合内容も初心者目線ながら

めっちゃつまんないと思った。

 

その後のBUSHIの試合も

見てて少しイライラしてしまう。

試合スタイルがマンネリ化してるような・・・

 

ときめきポーズ→ブレイク起き→

Tシャツで首しめる→たまに毒霧→MX

 

MXまでの下りも

ロスインゴのメンバーの助けがあってこそ。

 

タッグマッチだから楽しく見れてたけど、

シングルに置き換えて考えると

あまり試合をみたいと思える選手ではないのです、、、。

もしかしたら過去の怪我の影響で
激しい技が喰らえない、出せないのかもしれないけど。

 

そんな彼が、チャンピオンのKUSHIDAに

なんで挑戦できるの?

 

内藤選手のように

トーナメントを勝ち抜いた上で

チャンピオン(オカダ)へ挑戦表明なら

見る側の期待値も高まるし

「ついにきたか!」とすごくワクワクできた。

 

今回の場合は先に疑問が生まれてしまったことや、

ココ最近のBUSHIの試合がいまいちだったこともあって

この流れでベルトかけるのは無理やり過ぎなんじゃ・・・と考えてしまった。

 

BUSHIにはいつかベルトをとって欲しいと

思ってたけど、これじゃあ素直に応援できないよ。

モヤモヤ・・・

 

まぁでも、、

確かに以前BUSHIはクッシーに勝ってるから、

挑戦してもいいってことなのか・・・な?

たくさん考えて自分なりに納得させた。

モヤモヤを無理やり消化・・・

 

 

しかし、その数日後・・・

BUSHIからのコメントで

「俺は挑戦表明なんかしていない」ですって。

 

「俺を指名しろ」=挑戦表明だと思っていた私は、

またモヤモヤしだした。

 

「このタイトルマッチは会社が決めた」

「ボイコットでも譲渡でもしてやるよ」

 

お、おぅ・・・。

 

ボイコットとか、譲渡とか、面白いかも・・・。

それで、クッシーが指名してくれるように

これから改めて実績を積んでいくのもありかな?

私はまた産まれたモヤモヤを押し込もうとする。

 

そして、タイトルマッチの五日前・・・

本隊vsロスインゴ

序盤、BUSHI不在→最後に出てきて

くっしーへ毒霧。

試合後のマイクで

 

「俺を指名しろよ」

 

KUSHIDAの答え

「もういいよ、BUSHIで。」

 

???????????????????

 

なんなんだよ!!わけわかんねーよ!

っていうかお前らめんどくせーな!!

 

一生懸命押さえ込んでいた私のモヤモヤは大爆発。

 

・・・お前らって言ってすみません。

でも、当時の正直な感想です。

 

そんなジュニアヘビー級の初の単独タイトルマッチ。

 

・・・どっちにも感情移入できませんでした。

チ───(´-ω-`)───ン

 

 

KUSHIDA選手、

地元で行われる、このジュニアヘビー級のタイトルマッチを

思い入れあるように語ってましたけど

これで良かったのでしょうか・・・

 

あくまでも素人目線ですが

ジュニアヘビー級はまだまだ」という印象を

更に植え付けられてしまったような気がします。

 

だって、このタイトルマッチまでの流れも

全然面白くなかったし(むしろ意味不明)、

インターコンチの前哨戦みたいな流れもあったし、

(エルガンと内藤さんが介入。

エルガンのパワフルなラリアットに

内藤さんの凄まじい受けのおかげで

そっちに釘付け。

BUSHI&KUSHIDAがそっちのけになってしまった)

 

もっと言うと、

この二人の試合、回を重ねる事につまらない(´;ω;`)

※あくまでも個人の見解です

 

なにはともあれ

BUSHIがめでたく(?)ベルトをとりました。

「制御不能にしてやる」

「俺色に染めてやる」

と発言していますので

まずはどんな行動をとるのか注目だ。

 

今までは「ジュニアヘビーのチャンピオン」

というよりは「KUSHIDAを倒す」という目的意識が強かったので

オスプレイや、田口選手などに

シングルでどんな試合ができるのか

楽しみにしてよう!

(KUSHIDAにすぐベルトをとられるというストーリーだけは勘弁して~)

 

いろいろブーブー言ってしまいましたが

それでもBUSHIという選手は

ロスインゴベルナブレスデパポンに
絶対必要な選手であると思ってる。

だから、BUSHIには頑張って欲しいんだ!
もっともっと活躍してほしい!

応援しているぞ。